審美治療

コンポジットレジン(CR)

大きく削った後に型を取り後日、被せ物をセメント付けするという一般的なムシ歯治療に対し、コンポジットレジンは、歯の削る量を最少限に抑え白い詰め物をするという治療方法です。削る量が少ないため歯の寿命を延ばし、型を取らないことで治療回数も少なくすみます。また、天然歯と見間違う程、審美性を追及することができます。ただし、その長所を活かすためには歯科医師の高い診断力・技術力が必要です。

DOCTOR'S ADVICE

前歯の隙間や破折歯、摩耗で短くなってしまった前歯、変色歯(黄色、白斑)、歯の向きを自然にする、金属アレルギーといったケースにコンポジットレジンは有効ですが、大きい欠損のある歯には適しません。また、噛み合わせが離脱や強度に大きく影響するため、信頼できる歯科医院での治療をお勧めします。

セラミック

コンポジットレジンでは補えない大きい欠損の場合、一般的には差し歯と呼ばれる白い被せ物によって修復します。最近では技術の進歩により被せ物の材質もメタルセラミックス、オールセラミックス等、多種多様にありますが美しさ、強度、適合、治療部位等を考慮し歯科医師と十分相談の上、選ぶことが大切です。コンポジットレジンに比べ歯を削る量が多く、型を取る必要があるため治療回数は増えますが、高い技術を持った歯科技工士の手にかかると天然歯と見分けがつかない程の審美性を発揮します。

セラミックスの主な種類

  • ・オールセラミックス・・・内冠も全てセラミックス
  • ・メタルセラミックス・・・金属の内冠にセラミックスを築盛(盛り上げ)した被せ物
  • セレック CAD/CAM オールセラミック

DOCTOR'S ADVICE

適合性、耐久性にも優れるが歯科医師のみならず、歯科技工士の技術力によって著しく結果が変わってしまうのがセラミックスです。高い審美性を長く維持させるためには、歯科医師の技術はもちろんのこと、歯科医師と歯科技工士の連携アプローチが万全な歯科医院であるかを見極めるのも重要なポイントです。

歯科技工士が製作する多色築盛。
レイヤリング技術によって審美性を極限まで高めることができます。

ラミネートベニア

形体、色調、透明感、表面形状を調整しながら超極薄のコンポジットレジン(ダイレクトベニア)またはセラミックスを、歯の表面に接着することで前歯の審美性を高める治療法です。
削らない場合もありますが、わずかに削るだけのラミネートベニアは歯の寿命をできるだけ縮めることなくより高い審美性を実現します。

DOCTOR'S ADVICE

ホワイトニングが効かない歯の着色や、前歯の凹凸、歯の隙間がある場合に有効な治療法です。技術の向上により耐久性は大幅に高まっていますが、やはり噛み合わせが破損リスクに大きく影響するため噛み合わせに注意を払った治療が必要です。

ページの先頭へ